初心者の為のバッテリー講座

"密閉式バッテリーというのは電解液の減少がほとんど無いために、常に化学反応を起こせる極板が電解液に浸っていることから安定した充放電を行うことを可能としました。
結果的に、高性能な場合が多くなっています。
電解液の吹きこぼしによる周囲の腐食なども非常に少なくカー用品店やディーラなどでも最近では主流として販売されています。

 

さらに最近では車両スペースの都合上メンテナンスが困難な位置にバッテリーが設置される場合におきましても、密閉型のバッテリーが多く利用されるようになってきました。

 

この車のバッテリーの一つである密閉式バッテリーはシールドタイプとも呼ばれています。
その構造から電解液が非常に減少しにくくなっており、電解液補充の手間が寿命まで一切必要としません。
つまりメンテナンスフリーということになります。"





ソファベッドのコツ
URL:http://innersofa.com/list/10022.html
ソファベッド、今すぐ


●工具と車メンテナンス:再生バッテリーの値段は安いブログ:09-9-18

トレーニングは、ダイエットには有効だと思います。
でも、トレーニングのタイミングや頻度を間違えると、
トレーニングしているのにまったくやせないということもあるんですよね。

「三ヶ月も頑張っているのに、全然やせない!」
これは、少々ハードなトレーニングを始めた人が陥りやすい錯覚なんです。

どれだけハードなトレーニングをこなしたとしても、
24時間で消費したエネルギー以上に食べていればやせることはありません。

「これだけトレーニングしたのだから、少し多く食べても大丈夫」
というのは間違いです。

実際、1回のトレーニングによる脂肪燃焼の効果というのは、
ごくわずかなのだそうです。

そこへトレーニングしたことを口実に
いつも以上にエネルギーを摂取すれば、脂肪が増えて当然!

トレーニングすることでダイエットにつながるのは、
エネルギーの消費だけではなく、
筋肉量の維持や増加で基礎代謝量を増やして、
太りにくいからだにしていくことにあるのです。

トレーニングを始めるのであれば、
最低でも現状の食事量を維持、または減らすことが最優先です。

トレーニングをダイエットに取り入れる場合は、
定期的にできるトレーニングを選ぶことが絶対条件です。

どんなにハードなトレーニングでも三日坊主では何もなりません。
しないよりはましでしょうが、
7日間に1度程度の激しいトレーニングをしても、
それほどダイエットには効果が無い場合が多いのです。
少なくとも週に3回程度できるトレーニングが良いとされています。

しかし、どんなにきついトレーニングでも
根性で続ければよいのかと言うと…それも疑問です。
自分がこれなら続けられるというトレーニングが一番です。

きついだけでまったく興味がないトレーニングであれば、
思うように効果が出なければすぐにやめたくなるものです。