初心者の為のバッテリー講座

"ドリルドライバーの二段変速とスピードコントロールスイッチについては、回転数をコントロールするものとなっており、作業内容よって回転を自由に調整することが可能となっています。さらにスイッチで回転方向を変えることも出来ます。

 

電源は充電式のコードレスタイプと、100V電気コードタイプとなります。
コードレスタイプはいつでもどこでも使えますが電池がなくなると使えないという欠点もあります。

 

この電動工具の一つであるドリルドライバーというのは穴を開けるためのシンプルで頑丈、そして壊れにくく、長く使える工具として多くの人に利用されています。
一般的には一定の回転方向によって一定の回転スピードというのが多くなっており、多機能タイプにおきましては、回転方向が変えられるものなどが存在していますので、工事の用途によって選ぶようにしましょう。"



●工具と車メンテナンス:電動工具の値段の差ブログ:16-6-19

減量してるのに、
ウエストがいっぱいになるまで食べないと落ち着かない、
どうしても食べ過ぎてしまう・・・

減量中は、
食べたい気持ちを抑えるのはストレスがたまるし、
辛いですよね。

でも
慢性的に食べすぎの状態が続くと
体重が増えたり、体質にも負担がかかってしまいます。

ストレスにならない程度に、
次の日からでもできる
少しの工夫をしてみましょう。

ご飯を食べる時は、
野菜や海藻類、スープなど
低カロリーでかさの多い料理を先に食べるようにして、
まず、空腹感を満たしましょう。

ご飯の食べ始めは、
ウエストがすいていますから
噛む回数が少なく、どんどん食べてしまうので、
噛む回数を意識的に増やしてあげましょう。

そうすることで、
満腹中枢の時間差が解消され、
少ないご飯量でもウエストが満足しますよ!

ごはんを玄米や雑穀ごはんにすると、
噛みごたえが増すのでオススメです。

また、
ウエストがすきすぎてると、
どうしても食べすぎにつながります。

そんな時はあえて間食をしましょう。
小腹が空いたら、
スナック菓子よりも果物やヨーグルトがオススメです。

帰宅時間などが遅くて、ご飯の時間が遅くなる場合は、
途中でおにぎりなどを食べておいて、
家では軽く済ませるなど工夫してみてください。

この中のひとつでも実践してみて、
それでも食べ過ぎてしまったら
「また次の日気をつけよう」
と気を楽にすることです。

我慢しすぎてストレスをためてしまうのは、
減量にとって逆効果ですよ。

長く続けて習慣にすることが
減量成功の秘訣だと思います。