初心者の為のバッテリー講座

"ドリルドライバーの電源は充電式のコードレスタイプをメインとして、100V電気コードタイプも多く存在しています。
コードレスタイプはいつでもどこでも使用することが出来るのが強みですが、電池が切れてしまうことにより、使用不能になってしまうのが欠点となります。
またコード式の場合は、電源の確保に注意が必要となってきますが、ずっとパワフルに使用し続けることが可能というメリットもあります。

 

電動工具の中でも非常に重要視されており、欠かせないのがこのドリルドライバーなのです。
クラッチを調節することにより締め付けトルクの強さを段階調整することが可能となります。
またクラッチ目盛りを最大トルクに設定することで、通常の電気ドリルのような穴あけ作業にも使うことが出来ます。

 

さらにビットやドリル刃を装着するチャックというのは、締め付けて取り付けるタイプのことを差しており丸軸でも六角軸でも使用可能となっています。
チャックキーを必要としないキーレスチャックが主流となっており、装着はワンタッチで可能です。
チャックノブを回すだけで、簡単にしっかりと取り付けることが出来てしまいます。"





高円寺 賃貸の最新情報
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/
高円寺 賃貸ナビ


●工具と車メンテナンス:電動の工具は充電式がオススメブログ:05-8-19

お父さんはわしを厳しく育てました。
小学生の時、少年野球をしていましたが
日々、スパルタで特訓を受けていました。

それはもう練習というよりは修行の様で
家の中で17時遅くまで特訓の日々が続きました。

お父さんが投げた新聞紙で作ったボールを
連続でバットの芯に当てないと眠らせてもらえない…
お父さんの投げたゴロを100球連続で捕らないと眠らせてもらえないのです。

1球でもはずせば、また一からやり直し。
最後まで気が抜けず、はずすと怒られました。
当時のわしは
「完璧でないお前はダメだ」と言われているように感じていました。

そんなお父さんは早くに父母を亡くし、
親戚の家を転々として幼少期を過ごしてきました。

厳しい中で頑張ってきたのだと思いますし、
心のどこかで「完璧じゃないと自分は見捨てられる」
そんな思いもあったのかもしれません。

楽しんで始めた野球でしたが
プライドはズタズタにされ、野球を楽しむということも忘れてしまいましたし
20歳を過ぎるまでわしはお父さんのことを
どこか恨んでいたと思います。

だから物心ついた頃には年上の男性、
いわゆる上司という存在は
いつもわしのことを厳しくジャッジする人というイメージがついていました。

全員と言うわけではないのですがやはり上司の前では緊張し、
あまり本来の自分を表現できなかったと思います。

でも、本当はもっとお父さんに褒めてもらいたかったのです。
ファインプレーをしたときに
「良くやったな」と頭を撫でてほしかったのです。

しかし、お父さんは照れくさかったようです。
大人になってから、そのことに気付き始め、
その頃から、
「ただお父さんはわしに冷たくしたわけでもないのかもしれない」 と
お父さんの気持ちを察してみるようになりました。