初心者の為のバッテリー講座

"ダイヤル形トルクレンチというのは置針を指針に合わせ負荷することによって置針の移動により実トルク値が誤差なくひと目で読み取ることが出来ます。
またダイヤルインジケータにはプロテクターが付いているので、目盛や目盛盤の変形、そして汚れを保護してくれるので非常に便便利となっています。

 

なので実験や研究用および検査用として実トルク値の測定に最適なトルクスレンチです。

 

そして単機能形トルクレンチというのはトルク設定を事前にテスターで行うレンチとなっています。
最初に設定されているトルク値での締付けの繰返し作業が小さな音か手に伝わってくる感覚でわかります。

 

単機能形トルクレンチはトルク管理を必要とする箇所での組立・整備点検に最適なのです。"





ハワイアンジュエリーへ
URL:http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリーのことなら


●工具と車メンテナンス:トルクスレンチとトルクスブログ:28-4-19

一週間くらい前、
わしはリビングでボケーっとしていました。
平穏だけど、退屈なわけでもない…
そんな瞬間を味わっていたというか…

すると…
ふっと古い記憶が
よみがえってくるような感覚を感じました。

わしの心の中に見えたもの…
それは、パパの腕に抱かれている、
まだ寝返りもできないぐらいの赤ちゃんの自分でした。

満たされて、何の不満もないわし。
穏やかな優しい目でみつめてくれるパパ。

あれ〜、これって何だろう〜?
本当に私の記憶なのかなあ〜?って、思いましたが、
人はすべての記憶を脳に刻んでいるっていわれてますよね。

ただ、思い出せなくなる記憶がたくさんあるのだと…
ということは、
これって本当の記憶なのかもしれません。

赤ちゃんの自分を思い出したのと同時に、
あぁ、わしはパパのことが
大好きだったんだなぁ…と改めて思いました。

そして、パパももちろん、
わしのことがかわいくてしかたなかったんだなぁ〜
と思えました。

とても、温かい感覚でした。

誰でも赤ちゃんの頃、誰かに抱っこされて、
ただただ愛おしい…という目で
見つめられたことがあったはずですよね。

それがパパやママではなくても、
そこにいるのは「愛されている赤ちゃん」だと思います。

わしたちはみんな、
もともと愛されているんですよね。

でも
「自分は愛されていない」
という誤解をしてしまうことがあります。

誤解は誤解を生んでしまい、
誤解の海の中で身動きが取れなくなる。
わし自身がそんな感じでした。

誤解は人生をややこしく、
難しくするのだということを、
わしは経験から学びました