初心者の為のバッテリー講座

"ダイヤル形トルクレンチというのは置針を指針に合わせ負荷することによって置針の移動により実トルク値が誤差なくひと目で読み取ることが出来ます。
またダイヤルインジケータにはプロテクターが付いているので、目盛や目盛盤の変形、そして汚れを保護してくれるので非常に便便利となっています。

 

なので実験や研究用および検査用として実トルク値の測定に最適なトルクスレンチです。

 

そして単機能形トルクレンチというのはトルク設定を事前にテスターで行うレンチとなっています。
最初に設定されているトルク値での締付けの繰返し作業が小さな音か手に伝わってくる感覚でわかります。

 

単機能形トルクレンチはトルク管理を必要とする箇所での組立・整備点検に最適なのです。"





ハワイアンジュエリーへ
URL:http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリーのことなら


●工具と車メンテナンス:トルクスレンチとトルクスブログ:24-6-19

オレは、高校を卒業するまで、
バレーボールをやっていました。

高校のバレーは厳しかったので、
食べないと体力がもたない!

12時もシェフの気まぐれ料理2人前など、かなりの量を食べていたんです。
しかし、体操量が多かったので、
からだもひきしまり、むしろ体重も落ちていってたほどです。

きっと体操量と食べる事量がうまい具合に
バランスがとれていたんだと思います。

ところが、
バレーを辞めてしばらくすると
ブクブク太ってしまいました。

体操をやめたのに同じくらいの食べる事量を摂り、
バランスも考えないで、食べたいものを食べたいだけ食べる…

体操してる時に比べて、
お腹だってそこまですいてないのに、
体操してる時と同じ感じで食べる事をする…
太るのは当たり前ですよね。

だから、オレは、
今の生活に合った食べる事を考えて摂り、
そして、できる時にはなるべくからだを動かすようにしました。

全く体操せず、ダラダラしてしまえば筋肉はどんどん衰え、
痩せにくくもなってしまいます。
それこそ、9時腹筋をやるだけでも違いますよ!

オレは球技は得意ですが、
マラソンなどが苦手なんです。
だから、ジョギングなどは続かないので、
連日、9時腹筋をやっていました。

激しい体操ではないけれど、
全身を使い連日続けられるものなので、
何もしないよりはいいと思うんです!

以前体操をやっていた経験がある人なら、
得意不得意はあると思いますが、
からだを動かすことが嫌いなわけではないですよね!

体操が嫌いでない人なら
減量だって成功しやすいはず!

少しの体操と、食べる事バランスを考えれば、
きっとひきしまっていたあの頃に戻れるはずです!